Amazonも出品規制!?ファッション、家電、ブロックやミュージックまで出品許可申請が必要?

こんにちは、

香神です。

メルカリに続いてAmazonでも
次々とカテゴリー出品規制がかけられていますね(>_<)

amazon-limit

なぜ???

ここ1か月程、出品者(セラー)に対する規制が
本当に厳しくなっているのを実感します。。。( ノД`)シクシク…


まず、直近では
ファッションカテゴリーの一部のブランド、
高級皮革製品メーカー、時計メーカーなど


メーカー単位で。

ホント困ったもんです・・。


商品に出品制限がかかり、
これらの商品をアマゾンマーケットプレイスに出品する際には、
出品許可の申請が必要となります。


現時点で、出品制限がかけられていて
許可を申請しないと出品できないメーカーは以下のとおりです。


※主にファッションブランド、高級皮革製品メーカー、時計メーカーです。
(アルファベット順)
1 A BATHING APE(ア・ベイシング・エイプ)
2 Abercrombie & Fitch(アバクロンビー&フィッチ)
3 adidas(アディダス)
4 BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)
5 BURBERRY(バーバリー)
6 CALVIN KLEIN(カルバン・クライン)
7 CANADA GOOSE(カナダグース)
8 CHAN LUU(チャンルー)
9 Chloe(クロエ)
10 Christian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)
11 COACH(コーチ)
12 Daniel Wellington(ダニエル・ウェリントン)
13 Dior(ディオール)
14 Dunhill(ダンヒル)
15 Ed Hardy(エド・ハーディー)
16 emu(エミュー)
17 FENDI(フェンディ)
18 FJALL RAVEN(フェールラーベン)
19 Giorgio Armani(ジョルジオアルマーニ)
20 GOYARD(ゴヤール)
21 GUCCI(グッチ)
22 GUESSS(ゲス)
23 HUNTER(ハンター)
24 IL BISONTE(イル・ビゾンテ)
25 LeSportsac(レスポートサック)
26 LONGCHAMP(ロンシャン)
27 LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)
28 MARC BY MARC JACOBS(マーク ジェイコブス)
29 Mila schon(ミラ・ショーン)
30 MINNETONKA(ミネトンカ)
31 MONCLER(モンクレール)
32 NEW BALANCE(ニューバランス)
33 NIKE(ナイキ)
34 Orobianco(オロビアンコ)
35 PANERAI(パネライ)
36 Paul Smith(ポール・スミス)
37 Polo Ralph Lauren(ポロ・ラルフローレン)
38 RAY-BAN(レイバン)
39 Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ・フェラガモ)
40 TATRAS(タトラス)
41 TIFFANY(ティファニー)
42 TOD’S(トッズ)
43 TOMS SHOES(トムスシューズ)
44 TORY BURCH(トーリー・バーチ)
45 Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)
46 VANS(ヴァンズ)

次に、家電製品の一部の商品・・・


現在、ソニー、パナソニック、エプソン、富士フィルムなど
商品を新品で出品しようとすると制限がかかっており、

出品できないようになっていて
大手家電メーカーに出品申請が必要になったそうです。

※出品申請が必要のある場合があるメーカー順不同
1 SONY
2 CASIO
3 EPSON
4 BROTHER
5 DJI
6 PANASONIC
7 FUJIFILM
8 GOPRO
9 CANON
10 NIKON
11 Hoppetta
12 Ergobaby
13 RICOH
14 PENTAX
15 OLYMPUS
16 SIGMA
17 BenQ Japan
18 TAMRON
19 CAPTAIN STAG


申請を出すためには
①メーカーまたは卸業者から発行された商品の仕入れ請求書で、
それぞれ異なるもの3通

②商品の販売を許可するブランドからの書類1通
どちらかが必要とのこと・・

2016-12-15_09h43_42-480x229


僕ら、個人出品者さんにはかなり厳しい条件です(>_<)

今までの過去の経験から、
これまでAmazonでは、突然、何の連絡もなく、
特定の商品カテゴリーに出品制限をかけてきましたが、

今回は、該当する出品者さん宛に
「Amazon.co.jpからの重要なお知らせ」
という件名でメールで通知しています。


※Amazon.co.jpから届いたメールの一部を引用してみます↓
******************************

出品者様

このEメールは、重要なお知らせとなりますので内容をよくご確認ください。

下記に記載したAmazonで出品する一部の商品について、
出品許可が必要になる場合があります。

Amazonでは、購入者様に安心して商品をご購入いただくため
の継続的な取り組みの一環として、

カテゴリーの○○○○商品に対し、
出品許可の申請を適用することになりました。

Amazonに対象商品を出品する場合は、事前の許可が必要です。
この制限はすでに適用され、対象商品の出品情報は削除されております。

******************************

実際に出品規制の適用されている商品を出品してみると・・・?

2016-12-15_09h41_07-480x285


コンディション「中古-ほぼ新品」はOKですが、
新品、コレクター商品;再生品は出品できませんでした。


そして、僕はAmazonを最近復活させてたので、
知らなかったのですが、

CD・レコード等を含むミュージックカテゴリーに属する商品までも・・・
アマゾンマーケットプレイスに出品する際に申請が必要になってたようです。


アカウント閉鎖前までは
実は僕もせどらーでCDせどりから始まったということもあって、

まさかミュージックカテゴリーに制限がかかるなんてことは
今まで想像したこともありませんでした。

今現在確認できている範囲では、
すべての出品者さんに制限がかかっているわけではないようで

・過去12ヶ月の間にCDを出品していない場合、出品制限がかかっている
・新規アカウントでCDを出品すると出品制限がかかっている
・申請の審査基準、審査内容などの詳細については非公開

ただ上記にうち上から2つの条件については、
中には例外もあるようで現時点では何とも言えない状況だったりします。

ミュージックカテゴリーに出品申請するには、
該当する商品のメーカーまたは販売店からの請求書
(pdf/doc/png/gif/jpgなどの画像ファイル)
をアップロードする必要があります。

請求書については以下の条件を満たしている必要があるとのことです。

・180日以内の日付
・出品者の名前と住所が記載されている
・メーカーまたは販売店の名前と住所が記載されている
・10点以上の商品が購入されている
・価格が訂正、編集されている(任意)


出品制限が適用されている商品を出品しようとすると、
本来、出品ボタンがあったところに

「出品許可申請」というボタンが表示されてるので、
そこから上記の請求書を送信すると申請できるようです。


今後の動向として、
現時点でわかっているのは・・


①現在規制している制限を
解除する予定はない


②現在販売している商品については
継続販売可能


③登録するには審査が必要となる


④出品規制がかかるブランドについて
事前告知をする予定はない

こんな感じなんですが・・。

②については

「出品中の商品についても
取り下げられた」
という情報も入っていて、

一概に判断はできません。


なにせ・・・メルカリも同じく
Amazonというプラットフォームにおいて
Amazonが言うコトは絶対ですからね。


時代は常に変化しています。
いつまでも今までと同じルールが通用するとは限りませんよね?

変化を嘆くのではなく、
現実を受け入れて前に進むことが重要です。

th_123120605_7e855fd3ef_o


普段からキャッシュポイントに
ついてしっかりと考え、
リスクマネジメントしていきましょう。

ただ今、 Line@ に登録していただいた方に


無料プレゼント中の

【期間限定】10万円の利益を稼いだ儲かる商品リスト

hqdefault

プレゼント!

       ・・・さ・ら・に・・・

また、ここではいえない>>Amazonアカウント対策なども

Line@ 限定でこっそり『相談にて』

お伝えしていきます。

登録後、気軽にコメントくださいね!
気になる場合はこちらからご登録をお願い致します。

news_line_01_000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする