倒産と自己破産の体験について.1

私は16年間経営してきた会社を、
3年前の11 月(平成26 年)に倒産させてしまいました。

繁忙期はグループ会社で従業員500名前後
(パートアルバイト含め)
グループ年商73億、
私の会社は5億の売り上げを上げていました^^

当時はかつて有名だった(今も有名ですね(笑))
ホリエモンこと、「堀江貴文」さんが、
経営破綻した旧ライブドア社から営業権を取得し、
新生ライブドアのCEOに、

その後、プロ野球球団やニッポン放送買収劇など・・・
話題でしたよね!

また、「三木谷 浩史」さん
(楽天株式会社の創業者で代表取締役会長兼社長)
も、ライブドアに続いて、、、
プロ野球への新規参入を意思表明し株式会社楽天野球団
(球団名は東北楽天ゴールデンイーグルス)を設立しました。

今や楽天はECコマースの日本最大のプラットフォームに!

このような「時代の寵児」達が
インターネットを利用して・・・

株やFX、さらには、、、
企業買収M&Aや一部上場を目指す企業が全盛期を迎え、
新規公開株がとんでもない時価になった時代。

私も自分の会社ならびに
グループ企業の一部上場を目指し、
精一杯の努力をしてきたつもりでした。

ただ、グループ企業と言えど
私の会社は持ち株率が少なく

サラリーマン社長!?
実質的な経営権(株主への発言権の少ない)
決裁権も一応ありますが・・・

役員の取りまとめは下手でしたね(;^_^A

・・・

なので、事実上は現場たたきあげ、
社長は営業から15店舗の現場管理
までのすべてをこなし、

かつ、店舗出店開発も怠らず、10 年間、
銀行融資、資金調達、資金繰りを繰り返し

成長期、取引先からは・・・

「あの会社はもうかっている」
などとうわさされてきました。(;^_^A(;^_^A

確かに繁忙期はもうかったように見えましたが

内情は・・・・・・火の車

・・・大炎上寸前

・・・

最終的にはグループ会社約23億円の総負債
連鎖倒産影響を受け。

私の会社は約2.8億の負債を
を抱えて倒産してしまいました。

倒産にあたっては、
いろいろな事を考えました。

顧問会計士や弁護士にも何度も相談しました。

従業員のこと、家族のこと、取引先や仕入れ先のこと、
もちろん自分のこと・・・・。

実は、私は40歳の時から
ある、治らない持病を抱えました。( ノД`)シクシク…

自分の体力の限界も感じ。。。

すべての人が不幸にならずに
すませる事ができないだろうか?

・・・

悩んだ末の決断が会社更生法ではなく、

・・・

倒産でした。

・・・

今思えば

・・・

一回目の不渡りを起こしたき

ちょっと補足ですが、

「一回目の不渡りから
6か月以内にもう一度不渡りを出すと、
いわゆる「銀行取引停止処分」になります。」

・・・

恐怖で全身蕁麻疹になり

気が付くと・・・

車で、富士山の「青木ヶ原樹海」

に無意識で向かっていたことを

今でも脳裏に鮮明に焼き付いてます(;^_^A

・・・・

疲れましたね。

・・・・

でも、今は、あの時死ななくてよかった!(^▽^)/

とすごく感じています。
もし、たまたま、このページを見て
今苦しい境遇に立たされている方に

お願いです。
「自殺」だけは決して考えないでください。

人生、楽しいことがこれから必ずあるはずです。

今の苦しさに負けないで下さい。

そう、倒産は犯罪ではありません。

国が用意してくれた、
明るい未来へ再出発するための分岐点なのです。


そして

これからの時代は

私たちに非常に明るい未来を提供してくれる

ビジネスモデルやインターネットという

素晴らしい情報を提供してくれる環境があり、

個人でも十分に「稼げる」

この平成の世の中は

復活するための

「人・物・金・・・さらに情報」

というチャンスの玉手箱が
日常のいたるところに存在しています。
ただ、そのチャンスを見逃さない為の
スキルや正しい見方は必要です。

今は情報があふれていますので
情報には私たちのような「ビジネス弱者」を利用する

悪徳な情報も蔓延しています。

気を付けてくださいね!

私と言う「反面教師」を信じて

正しい「稼ぎ方」を身に着け

これからの明るい未来を創造し、
新しい価値観やビジネスを武器にして

正しい「マインドセット」もって!

人生そのものを豊かにしてゆきましょう!
次回の投稿もお楽しみに(^^♪

news_line_01_000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする