“現金”禁止なのに?メルカリで現金が売れてる!?

こんにちは、

香神です。

前回の投稿

Amazon が乗っ取られる!?詐欺かな?と思ったらhttp://0-1base.com/scam-1868/

でも取り上げましたが、

アマゾン今、この話題で
SNS等で結構騒ぎになってますねぇw

見ていると、オリジナル商品に
めちゃくちゃ相乗りされてますよね。

Amazon突破されちゃってる汗

コチラのスレッド↓
https://sellercentral.amazon.co.jp/forums/message.jspa?messageID=23989

ホント!荒らされていますねー

Amazon早く、公式発表して
メディアに呼びかけてもらうなど、
対策しないとヤバイと思いますけど。。。

こと同じ時期、こちらも様々な
出品トラブルで話題のフリマアプリ『メルカリ』
ですが、

現金が多数出品されているという情報が
『Twitter』で流れて話題となっており、
https://twitter.com/Motosuzukisan/status/855641055068172288/photo/1

トラブル防止のため、
4月22日より現行紙幣の出品が禁止に。

2017年4月24日のJ-CASTニュースでも
取り上げており、

https://www.j-cast.com/2017/04/24296375.html

現金が出品されていた理由として

クレジットカードの現金化や
メルカリ売上金で商品を購入し「物々交換」
利用を目的にしていたようです。

実は、メルカリは、2017年2月14日から
現行通貨の出品が可能になっていました。

それ以来、メルカリ側が想定していなかった
現金を額面以上で販売するというケースが増え、

マネー・ロンダリングを目的とした行為に
繋がる恐れがあるために禁止に至ったといいます。

しかし禁止後、今度は『SUICA』『ICOCA』などの
チャージ済み交通系ICカードの出品が
相次いでいるようです。

実際、4月26日時点で、
メルカリの検索機能で「Suica チャージ済」
などと調べると、

少なくとも26件以上の出品がヒットする。

いったい、なぜ?このような「交通系ICカード」
の出品が急増しているのか?

理由としては、ICカードにチャージされた
ポイントを現金化することが簡単で、

手数料として220円を払い戻し額から
差し引いて払い戻しが可能なんです。

現金出品が違反になったことで、
多少の手間や手数料はかかりますが、

交通系ICカードで現金化の抜け道を
使っているようです。

すでに売買が成立したケースもあり、

ポイント1000円分のものが
「1400円」で落札されたり、

5000円分のものが
「6328円」で落札されたりしている。

中には、25000円など1万円以上の現金を
チャージしたICカードを出品する者もいた。

「メルカリ」の広報担当者は
2017年4月25日のJ-CASTニュースの取材を通じて

https://www.j-cast.com/2017/04/25296450.html?p=all

チャージ済みICカードが出品されていることは
「把握しております」とた上で、

「すでに監視を開始しており、
順次削除して参ります」と話している。

昨年から始まった業者対策なども含め
規制を強める傍ら

さまざまなモノが出品されるようになり、
想定外な市場へとなりつつあるメルカリ。

運営側が「マネー・ロンダリング」
線引きするのはどこになるのか?

僕も今後の動向を
注視してゆきたいと思います。

本日もお読みいただき
誠に有難うございました。

この度、

僕の公式メールマガジンで

メルカリ完全自動外注化講座

を開設しました。

この講座で、一つ一つ
外注化に関する考え方や取り組み方

どんな媒体で?

どのように募集をして?

どのように採用するか?

そして、外注スタッフさんを
どのように教育するか?

事細かくPDFで作りこみました。

このPDFマニュアルを読んで
わからないことがあればLine@で
質問してもらえばいいですよ!

必ず、外注化について
1つは使えるものがあると思うので

僕のメルマガ登録して学んでみてください。

メルカリ完全外注化講座

香神慎一公式メールマガジン】はコチラ

クリック↓↓↓↓

ついでにLine@も登録してね^^

news_line_01_000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする