Amazonで商品をリサーチせず、「これ売れるな!」と 自分目線で仕入れ在庫の山を抱えてしまったことありますか?

こんにちは

香神です。

あなたは、Amazonで商品をリサーチせず、

「これ売れるな!」と・・・

自分目線で仕入れ在庫の山を抱えてしまったことありますか?

pict01

以前、僕はアマゾン中国輸入に取り組んでいて、
仕入を輸入代行会社を使わず、中国人パートナー(現地人)を採用し

・アマゾンで売れている商品リサーチ
⇒中国(タオバオ・アリババ・天猫)で利益の出る商品を探し出して
⇒販売セラーと交渉⇒配送手配⇒FBA直送まで1連の取引を丸投げでお願いしておりました。

https-www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-PP_tobitatuhikouki-thumb-1000xauto-12677

一応、アマゾンで売れている商品リサーチは私も監修はしていたのですが、
一回の注文で50種類の商品を扱っていたため、

つい、確認しないでスルーしてしまった商品もありました。
お互いの取引ルールの中で原則的にはブランド物は取り扱わない
という取り決めはあったものの・・・

回を繰り返すたびに段々とルールは破られていきました。

ある時、
中国人パートナーが

リサーチした某有名メーカーの○○○○ディスクが1700円で仕入れられ、
5600円でアマゾンに販売したところ出品後30秒ほどで売れました。
利益は3900円利益率約70%でした。

その他の○○○○ディスク商品も利益3000~10000円のものあり、
出品間もなく売れてゆくので、これはすごい商品を引き当てた!


と、3回目位の取引から50枚単位で仕入れて、販売していきました。

その後も数回繰り返し、
当時の月次販売利益はその○○○○ディスクだけで
50万円ほどになりました。

6回目の取引をしているころ、
いきなり私の携帯電話にAmazonから購入したと言う
お客様から直接連絡があり、

「お宅の商品を30枚まとめて購入したけどほとんど使えない。
返却したいのですが、1か月経っていたのでアマゾンが返却に応じない、
なので、直接連絡した。お宅は「偽物」もしくは不良品を販売しているのか?」

m4_medium

と怒鳴り声にも近い勢いで問い合わせしてきました。

私はすぐに丁寧に誤り、返品を受け入れ、商品の交換に応じる意向を伝え
中国パートナーにその製品の仕様(正規品)か?
そして、購入したセラーに返品、交換が可能か確認を取った。

ところが、
パートナーが購入したタオバオセラーに
問い合わせたところ、この商品は正規品だが、
工場から仕入れたのではなく市場から仕入れたとのことなので、

正規品の証明できるものがなく、
ただ正規品と言っているだけにすぎず
かつ、量が大量なため返品、交換ができないと言われた。

私はあわてて、
中国人パートナーに
なぜ?そのようなタオバオセラーから仕入れたのか?
と詰め寄ったが、

回答はなかった。。。瞬間!
私は心の中で「だまされた!」と悟り、

10383608_s-207x300

購入されたお客様にどう答えたらよいか?
恐怖に襲われ・・・返答を拒んだ。

数日が立ち、
何度もお客から連絡が来ていたが、
電話に出ることが出来ずじまいでいた。

いよいよ、腹をくくり、
電話に出て、「Amazonの規定上1か月過ぎた商品の返品はできない」
と返答した。

相手は、消費者センターに問い合わせ、かつ
Amazonにも再抗議をすると、言いその場は電話を閉じた。

私は、Amazonカスタマーへ連絡して
お客様からの事情を説明した。

Amazonとしてはメール等のやり取りを記録しているが、
私のメールアドレスは登録されていなかったようで、
再度、登録して注文ID等をお知らせくださいとのこと。

すぐに指摘事項をやり終え、Amazonカスタマーからの
連絡を待つ。

数時間後、Amazonから連絡があり、
私のショップから注文したIDではないことを伝えてきた。

私は、安堵と助かった!という思いで肩をなでおろした。
そして、購入先のお客様に事情を話して、
今後のことはAmazonとやり取りしてくれと伝え、
事なき終えた。。。と

確かにこの件は、無事終わったが、
その後、何回かこの仕入れ商品について
お客様から問い合わせがあり。。。

この事件の数週間後、
私のアカウントは閉鎖を迎えることになりました。
その際、私は山のような在庫を抱えていました。

この教訓から学ぶことは、

・中国人パートナー(業者)を信頼するな!
・商品リサーチは自分で行え
・中国商品は必ずFBA直送せず、自分で検品すること。
何度も確認して問題ないと確信ができたら直送するのはよい。
・絶対!ブランド品は扱うな!
・1商品につき大量に注文するな!
多品種少量で行うこと。

ということ、

最近は私のようなケースでアマゾンアカウントを
閉鎖に追い込まれるケースが後を絶たないそうです。

くれぐれもお気をつけて・・・

ただ今!下記のLine@に登録していただいた方には
【期間限定】10万円の利益を稼いだ儲かる商品リストプレゼント!!

また、ここではいえない>>Amazonアカウント対策などもLine@ 限定でこっそりお伝えしていきますので気になる場合はこちらからご登録をお願い致します。

news_line_01_000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする