せどらーさんには追い風!? FBA納品配送料が無料と長期在庫保管手数料の変更について

こんにちは、


香神です。


今日はまた、Amazonがここ最近、
また変更がありましたので
シェアしたいと思います。


既に、アマゾンマーケットプレイス出品者や
関連、SNSでも話題ですよね!

FBAパートナーキャリアが無料になったり、
長期在庫保管手数料の課金制度が
変更されたりしていますね。


改めて、まずは、
せどらーさんが泣いて喜ぶキャンペーンを
Amazon様が打ち出してくれました!!(^▽^)/


ちょっと!
追い風のような情報です^^


もうご存じたと思いますが、
2017年2月1日(水)から今年いっぱい、
FBA納品時の配送料が「無料(0円)!」になります。


Amazonに出品したことのあるほぼ全ての出品者が
このキャンペーンの恩恵を受けられますよ!!


公式のキャンペーン情報は以下からご確認ください。

amazon出品サービス↓↓↓
http://services.amazon.co.jp/services/fulfillment-by-amazon/pcp.html

期間:2017年2月1日(水) ~2017年12月31日(日)
対象者:大口・小口どちらでもOK!


ただし!
条件があります。


条件


1.FBAパートナーキャリア(日本郵便)を利用すること。

2.小型・標準サイズは一度の納品で10点以上(大型商品の場合は1点以上)

3.納品先指定をしてないこと。


以上の条件を満たしていれば、
「自動」で配送料無料になるようです。
※エントリーなどの諸手続きは要りません。


まぁ~Amazonとしては、AmazonのFCのスペースを
最大限有効活用したいという狙いのようです。


FBAの納品先指定オプションによって、
一部のFCに在庫が集中して、
配送効率が悪化したりしたのかなと想像しています。


結局のところ、
AmazonのFCの在庫状況というのは、
FBAを利用する1セラーごとの在庫状況の集積でしょうから、


セラーに適切なインセンティブを与えて、
FC全体の在庫回転率を上げたいんでしょうね。


要は、売れない在庫を後生大事に抱えているセラーが多くて、
Amazonとしても困っているということなんでしょうか、


セラー側から見るときには、
配送先指定をしていない人は、
丸々メリット享受できると思って良さそうですね。


パートナーキャリア利用上の主な注意点として・・・


日本郵便の集荷サービスには対応してない!?
一番、「えっ?」と思ったのはこれですね。

「集荷サービスはございません」とありますが、
今回から使えなくなる的な書き方でないことが気になります。

僕は、今までは普通に集荷で対応してもらっていました。
今年1月にも外注さんにパートナーキャリアで
普通に集荷してもらっています。^^

なので、もしかしたら、
Amazonが集荷サービスには対応していないと
発表しているだけかもしれません。

・・・・・・

ということで、確認してみました!

日本郵便
https://www.post.japanpost.jp/question/125.html
0800-0800-111(固定電話・携帯電話ともに無料)

結論から言うと、集荷依頼できます!^^

Amazon側としては、
日本郵便さんの集荷による負担を減らすためにも
持ち込みしてあげてほしいという
意図があるのかもしれません。

集荷依頼したからといって、
特にペナルティはないですが、
ここは自己判断でしてくださいね♪

~集荷の方法~

集荷をおすすめするわけではありませんが、
持ち込みは難しいという方がいるのも現実です。

集荷の方法は2通りあります。
Webによる集荷と、電話による集荷です。

詳しくは日本郵便のサイトをどうぞ♪
Web集荷サービスのお申込み

Webでは、ゆうびんIDを登録すれば
毎回住所を入力しなくてもよくなります。

電話の場合は、ゆうびんIDは使えません。
ただ、電話番号を登録してもらうことはできます。

私は、集荷の際は、電話で依頼することが多いです。
お好きな方法でやってみてくださいね^^

できれば、Amazonが公表しているように、
お近くに郵便局があれば持ち込みましょうね!


次に、長期在庫保管手数料の件です。
情報は以下からご確認ください。


Amazon.co.jp ヘルプ:
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200705990

今後、180日間保管した在庫にも
長期在庫保管手数料が課金されるので、


セラーにとっては、
タイトな在庫運用(不良在庫の処分をクイックに!)
が今後ますます重要になりますね。


僕が思うには、このこと自体は、
FBAセラーにとって必ずしも悪いことではなく、


Amazon物販を効率的に発展させていくためには、
在庫状況によく目を配って在庫回転率を
上げることがセラー自身のメリットになります。


在庫回転率というテーマにおいては、
AmazonとFBAセラーとの利害は一致すると思います。


今後もAmazonが、この路線で行くなら、
在庫回転率が一定以上のセラーに在庫保管料を一部還元するとか、
そういうキャンペーンが出てもおかしくないですね!


また、個人的に少し面白いなと思ったのが、
「各ASINごとに在庫1点の課金を免除」

するルールの廃止です。


Amazonの扱う商品の品揃えの多様性を確保するために、
今までは在庫1点は課金を免除していたのが、


「枯れ木も山の賑わい」的な
商品はもういらないってなったんでしょうねw


Amazon物販業界の成熟度の高まりが
少し垣間見えた気がしました。


まぁ、新規参入が増えたら、
どこかでそういう方針転換をしますよね(笑)


一方で・・・・
販売手数料割引キャンペーンをしている商品カテゴリーは、
逆にもう少し商品を拡充させたいということなのかなと。。。


そんなAmazonの今後の狙いを予測するのも
プラットフォームで転売する僕らには必要なのかもしれません。

このキャンペーンを利用して、もっと
Amazonで欧米輸入を実践されている方で

ちょっといいかも思う
おすすめ転送サービスを、シェアしますね。

もし、国内、中国輸入実践者の方も
新たな販路に欧米輸入(円安なので(笑))
今がチャンスかも。。。

もし、どれか1つでも当てはまる場合、
それは本来得られるはずの利益が得られてないと
言うことです。


ハピテン!転送を利用することで、

あなたが本来、得るべき利益を手にすることが
出来ると思います。


詳しくは下記リンクをクリック↓↓↓
https://shonanhappy360.com/ja/MbHnMNxkg3qiCcPR3hUaD/BA

ただ今、 Line@ に登録していただいた方に


無料プレゼント中の 

【期間限定】僕が稼いだ!!

10万円の利益を稼いだ儲かる品リスト

hqdefault

プレゼント!

       ・・・さ・ら・に・・・

また、ここではいえない>>

Amazonアカウント対策などもLine@ 限定で

こっそり『相談にて』お伝えしていきます。

登録後、気軽にコメントくださいね!
気になる場合はこちらからご登録をお願い致します

news_line_01_000

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする